畳の張替えは業者が便利【不明点があれば聞く】

ニュース一覧

レディ

いつ交換する

畳張替えは、裏返しや表替え、畳替えなど張替え方法によって費用が異なります。劣化具合などを見て依頼するかどうかを決めますが、店舗によって費用は違います。無料で見積もりをしてくれるので、比較してから決めるとよいです。

詳しく見る

専門店に張替依頼

和室

見積りから作業完了の流れ

古くなってきた畳、張替えするとなった場合に個人でもできないことはないのですが、専用の用具や作業スペースが広くないとできない作業です。それに素人では仕上がりが専門業者のプロと比べると格段に違いますので、プロにお任せすることです。では、実際に畳張替え作業を依頼する時の流れですが、まずはお電話で見積り相談をすることです。畳店によってはインターネットで問い合わせを受け付けているところもあります。その時に具体的にどのような状況かを話します。畳が日に焼けて変色してきてしまった、傷んでしまってきているなどです。すると、担当者がお約束した日に見積もりにきてくれます。基本的に見積もりは無料です。その時に、不明点があれば聞くことができ、他の業者にも見積もりを依頼しており他社の方が安いという場合には、値切ることができる可能性もあります。そして、実際に見積もり内容を確認したら、そこからじっくり検討することができます。実際に張替え依頼することになったら契約です。次に作業日の打ち合わせをします。土日や平日都合の良い時間帯を選ぶことができます。作業日当日は、担当者が畳を引き取りにきます。タンスなどの移動も行ってくれます。ただし、ピアノなどを置いている場合には別途料金が発生することもあります。張替え作業が完了したら納品となります。最終的に現場を確認してから料金の支払いとなります。支払いは、現金またはクレジットカードに対応しています。

作業員

い草の香りは日本人の心

畳の張替えは昔に比べ減っています。しかし日本人は畳の文化です。新鮮ない草の香りに包まれれば、精神的にも落ち着きます。日頃のお手入れでい草の風合いも長く保てるのです。なお張替えは業者に見積もりをとって比較検討してからにしましょう。

詳しく見る

畳

張り替えするタイミング

畳張替えをするタイミングは、購入をしてから裏返して3〜4年、表替えで6年後、新調は10年〜15年後が目安です。畳張替え料金の内訳は、工賃、材料費、配送料、その他経費がかかり各店舗によって料金が異なります。

詳しく見る

和室

真新しい床を手に入れる

畳の張替えは業者に依頼した後、外部に持ち出して行ってもらえます。早い業者であれば二十四時間以内に張替えを終了してくれます。完成品は業者が入れ替えてくれるため安心です。畳の種類や縁を変えたい場合、まず業者に問い合わせてカタログをもらいましょう。

詳しく見る

男女

業者選びや費用

畳の張替えをするとなると気になるのが費用や業者選びです。そもそも、張替えにも畳自体にも種類があります。そのため、どのような方法でどのような物にするかによってかかる費用は違ってきます。また、業者を選ぶ際には何種類の畳を用意しているのかを調べて、良い業者を見つけたら家に招いて相談するのがおすすめです。

詳しく見る

Copyright© 2018 畳の張替えは業者が便利【不明点があれば聞く】 All Rights Reserved.