畳の張替えは業者が便利【不明点があれば聞く】

ニュース一覧

張り替えするタイミング

畳

店舗ごとに変わる

畳の張替えするタイミングについてですが、裏返しが購入後3年〜4年で行います。畳表を裏返いしてそのまま使用します。縁も新しいものに取り換えます。日焼け等で色が変わってきた、少々傷みが見られるようになったときに裏返しは最適です。ただし、購入してから何年も裏返しをしていないと、いざ裏返しした時に裏面まで傷みが激しくなっていることがあります。表替えですが、購入後6年程度から行います。裏返しは1度しか行えませんので、裏返し済のである場合に畳表と縁を取り替えます。傷みがだいぶ進んでいる場合にもおすすめの張替え方法になります。新調についてですが、購入後10年〜15年後に行います。新しい畳に入れ替える方法です。表替えもして表面がだいぶ傷んできた、芯材も傷んでいる場合の張替え方法になります。それでは、畳張替えの料金についてですが、その内訳は材料費、工賃、配達料、その他経費がかかります。材料費についてですが、畳のグレードによっても異なります。安価なもので3000円程度するものもあれば、2万円するものまであります。畳張替の依頼先ですが、近隣で店舗を構えている畳専門店に依頼を行います。もし近くにない場合は、インターネットで検索をすることができます。各店舗によって見積り料金は異なるので、複数業者比較したほうがよいのですが面倒です。効率よく見積りするには一括見積サイトを利用することで、まとめて畳張替えの見積り依頼ができます。

Copyright© 2018 畳の張替えは業者が便利【不明点があれば聞く】 All Rights Reserved.